園田学園中学校・高等学校創立80周年記念式典

2018/10/24

1938年 当時の園田村村長であった中村龍太郎氏をはじめとする地域のみなさんが「地域の女子教育の振興を図りたい」という強い思いで、園田高等女学校を創立されました。

建学の精神は「捨我精進」、現代風に解釈すると「相手の身になって考え、誠実に行動し、仲間と協力して幸せな社会をつくるために努力すること」と理解できます。

園田高等女学校から発し、園田学園中学校、園田学園高等学校、園田学園幼稚園、園田学園女子短期大学、園田学園女子大学、園田学園女子大学附属学が丘幼稚園と設置校を拡大し、地域に根ざした総合学園として発展してきました。

尼崎市長をはじめとするご来賓のみなさまをお迎えして、全校生徒・教職員の出席のもとで、10月23日に80周年記念式典を開催しました。

とりわけこの10年では、高等学校ハワイ修学旅行でのホノルルフェスティバルのダンスパフォーマンスが、生徒達の心に残る取り組みとなっています

式典では、高校3年有志および本校卒業の教職員によるダンスパフォーマンス、吹奏楽部による記念演奏があり、式典に花を添えてくれました。

 

80周年という大きな節目を大切にして、多くの卒業生のみなさま、地域のみなさまの想いをつむぎ、学園がさらに発展していきますよう、生徒・教職員の力を合わせて取り組んでまいります。