中学教育

わかる喜びを知る特別な3年間 わかる喜びを知る特別な3年間

先生と生徒が対話する〝参加型授業〟で学ぶ楽しさを体感

中高一貫教育の前半である中学校は、生徒が自分の個性を見い出し伸ばすための大切な期間です。
少人数制教育で個々の理解度を見極めながら学習習慣の基礎をつくることを徹底して指導します。
担任や教科の枠を超えて学校全体で生徒一人ひとりを育てます。

ICT活用
理解を深めコミュニケーションを生む

園田学園では全生徒に専用のタブレットを用意し、積極的にICT機器を活用しています。ICT機器を活用することで生徒たちは意欲的に授業に参加します。また、板書やプリントを用意する時間を削減し、リアルタイム&効率的に学習を進めることができます。

  • 教科授業の充実

    図解によるリアルタイムの解説や動画の活用で授業理解度を上げることはもちろん、大学入試改革を視野に入れた多面的・総合的な学習が可能です。

  • 生徒と教員のコミュニケーション

    教員による一方通行の授業から、生徒自身が能動的に参加する学習へ。タブレットを活用し、個別質問への対応や定期的なチェックを行います。

  • 調べてまとめ、発表する力

    調べ学習を多く取り入れ、アプリを駆使することで資料の作成からプレゼンテーションやディベートといった主体的・対話的な深い学びを実現します。

学習プログラム
一人ひとりの学習のつまずきを取り除き力を伸ばす

  • 習熟度別授業

    中学生でつまずきやすい英語と数学は、習熟度別の授業を展開。授業の進度は変えず一人ひとりの理解度に合わせた学習内容に変更し、個々の力を最大限に伸ばします。

  • 補習や休暇中の講習

    週に一度、対象者に向け数学の基礎講座を実施したり、夏休み後半には夏期講座を5日間実施。3年生になると、高校進学を見すえて冬休み・春休みにも特別補習授業を行います。

放課後学習

月曜日から金曜日の放課後に自学自習の時間を設けています。

〔PUSH UP ROOM〕 生徒個々の理解度に合わせた課題を個別に与え、つまずいているポイントを重点的に学習する取り組みです。

〔STEP UP ROOM〕 自学自習を行うために開放している教室です。教員が常駐しているので、いつでも質問や相談をすることが出来ます。

授業カリキュラム

授業カリキュラム

・1年国語は、書写(1)を含みます。

SONODA CROSS TALK

  • 先生や友達と距離が近い
    少人数制ならではの魅力です

    小学生の頃と比べると、相手の気持ちを考えたうえで自分の意見をはっきりと伝えられるようになり、友達に頼られることを嬉しいと感じるようになりました。20人程度の少人数で3年間クラス替えがなく、お互いのことを深く知ることができるからだと思います。さらに英語と数学は習熟度別授業で先生に気軽に質問ができるので、勉強も理解しやすくなりました。

  • 遊びも勉強も全力で!
    そのメリハリが園田らしい

    行事はもちろん授業中も盛り上がることが多いのですが、とてもメリハリがあります。やると決めたら全力な友達、熱心に向き合ってくれる先生、その姿にいつも刺激を受けます。提出物の期限を守る、わからない授業は質問して復習する、そんな当たり前のことが苦手でしたが、園田学園に入って私自身もメリハリある生活ができるようになりました。