園田学園中学校

学びの特色

個々に合わせた学習プログラム

習熟度別授業の実施

一人ひとりの理解度に合わせた学習ができるようにと、英語と数学で習熟度別授業を実施しています。この授業では、どちらも進度は同じですが、ていねいに基本を学習するか、より高度な応用問題を解くか、一人ひとりの理解度に合わせて学習内容を変えていきます。


補習や休暇中の講座

毎週一回、数学の基礎講座を開いており、授業中につまづいている人が指名制で参加しています。また、夏休み後半には全員参加の夏期講座を5日間実施しています。3 年生になると高校進学後を見すえて冬休み・春休みにも特別補習授業を行ないます。


各種検定に挑戦

全員が3年間に英語検定試験・漢字検定試験・ビジネス文書検定試験にチャレンジします。特に対策が難しい英語検定とビジネス文書検定については、検定対策講座で先生の指導を受けることができます。資格取得をめざして学習するので学習意欲も高まります。高校進学後はさらに上級の資格をめざしてひきつづき学習を続けます。


放課後学習

月曜日から金曜日の放課後に自主学習の時間を設けています。放課後学習のために設けた「pushuproom」と「stepuproom」で、各教科の宿題に取り組んだり、プリント課題を解いたりと自分のペースで学習できます。

【push up room】

その日の宿題などに取り組むための教室。担当の先生が常駐しているので、質問や相談ができます。

【step up room】

放課後の自習用の教室。国語・数学・英語の学習プリントからそれぞれの課題を選択して学習します。


ICT教育の推進

2016年度からタブレット端末(iPad)を用いた授業を行なっています。練習問題や課題を生徒のタブレット端末に送信、生徒はその解答をタブレット端末から先生に送ります。授業では生徒たちの解答を全体化したり、個別の解答をもとに授業を展開するなど様々な工夫ができます。また、家庭学習でもタブレットを使用した学習に取り組むことができます。


カリキュラム

  • 1年国語は書写(1)を含む
  • 1年総合は、「女性の学び」(茶道、マナー)を学びます。
  • 2年総合は、「女性の学び」(華道、短歌・俳句)を学びます。
  • 3年総合は、「女性の学び」(着付け、書の作法)を学びます。

Student Voice

3年間かけてじっくり学ぶので
女性らしさが自然に身につく。

園田学園の女性学は、入学前から茶道などの取り組みを見て楽しそうだと思っていました。初めての経験でも丁寧に教えてもらえて安心です。基礎から実践まで学ぶので日頃から女性らしさが身につきます。

園田で学校生活を送っていると学ぶ
ことが自然に好きになっている。

7つの習慣によって学習習慣がしっかり身につき、考え方がプラス思考になり、相手を思いやることができるようになりました。また、計画的に学習できる生活表や学力推移調査は学力UPに役立ったと思います。